美容ライターがお届けする美容コラム | Beauty Columns

Vol.3毛穴の黒ずみをケアして、接近戦にも負けないキメ美肌に。

この時期、とくに気になる肌悩みが毛穴の黒ずみ。鼻の頭や小鼻のワキ、頬の高い部分やアゴ周辺が、オレンジの皮みたいにポツポツの毛穴って、化粧ノリも悪いし、何より見た目に良くない!それに、向かい合ってゴハンを食べてるときでも分かるくらい、悲しいけれど目立ってしまう・・・。せっかく素敵な彼とデートして、色んなチャンスがあっても「近づかないで…」みたいなことにもなりかねません。

そもそも毛穴の黒ずみの原因は、メイクや埃などの汚れが毛穴に詰まって酸化して、黒くなったもの。とくに気温が高く、皮脂分泌の激しいこの季節は毛穴に皮脂が詰まりやすく、黒ずみどころか毛穴を押し広げて「開き毛穴」のモトに。また、紫外線で皮脂が酸化すると、毛穴の入り口にメラニンが蓄積して、さらにガンコな黒ずみに。


ここできちんとケアをしないと、悪化して老化の象徴となる「たるみ毛穴」になってしまいます。ただし、ケアの仕方を間違えると逆効果なので要注意!

毛穴の出来る場所はTゾーンを中心としたオイリーゾーンなので、ついアブラを取ることに必死になって、毛穴パックを頻繁にしたりオイルフリーのコスメを使いがち。ところが、必要な皮脂まで奪い取って肌が乾燥すると、逆に肌を潤わせようとカラダが皮脂を過剰分泌してしまいます。もちろん、指で角栓を押し出そうとするのも、肌を傷つける原因になるのでNG。

一番重要なことは、毎日の洗顔で余分な汚れをしっかりとオフして、必要な潤いを与えること。そこでおすすめなのが、オリーブオイルで作られた「キヨエまるごと石けん」。質の良い油分が、毛穴に詰まった黒ずみや角栓を浮かし出し、潤いを与えながら余分な汚れをオフ。さらに、オリーブオイルに含まれる抗酸化物質のオレイン酸やビタミンEが、皮脂の酸化を防止して、メラニンによる黒ずみまで予防します。オリーブオイルに含まれるオレイン酸は人の皮脂を構成する成分で、毎朝、毎晩、しっかりチャージすることで健康的な肌に導きます。

わざわざパックしなくても、ピーリングしなくても、この石けんを使い続けるうちに、毛穴の気にならないモチモチのゆで卵肌が完成。急に接近されても、もちろん大丈夫です♩

 

 

美容ライター 安田光絵

close

安田 光絵

安田 光絵

日本大学芸術学部卒業。学生ライターを経て、卒業と同時にフリーに。
2005~7年まで上海にて北京語を習得し、東洋美容や中国茶、薬膳料理にも精通。
ウェルネスフードアドバイザー
数々の女性誌ほか、ネット媒体、広告などで活躍。2人男児を出産した経験を経て、妊活&安産セミナー、また親子のための料理教室の講師なども勤める。

美容ライターがお届する美容コラム | Beauty Columns

Vol.1まるで洗う美容液。使うごとに、美しく。

Vol.2もっちり、触りたくなるような手元の秘訣

Vol.3毛穴の黒ずみをケアして、接近戦にも負けないキメ美肌に。

Vol.4夏の紫外線対策は、+オリーブオイルせっけんが正解!

Vol.5オリーブオイルは女の秘薬